ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.9.8[チーム]

2019YBCルヴァンカッププライムステージ準々決勝第2戦 ●1-2(2戦合計2-2)FC東京@NACK

一つ後のニュース

2019YBCルヴァンカッププライムステージ準々決勝は第2戦。
第1戦を1-0で勝利したガンバ大阪は、同大会2年ぶりのベスト4進出を懸けて、アウェイでの第2戦を迎えた。

第1戦でアウェイゴールを与えなかったため、ガンバ大阪は引き分け以上でベスト4進出が決まる優位な立場に立った中での一戦。
アウェイゴールを奪うことができればさらなるアドバンテージを得た状況で試合を進められるだけに、先制点が欲しい試合となった。

その試合のスタメンは第1戦と同じメンバーを並べたガンバ大阪。
一方ゴールが必要となるFC東京は第1戦で途中出場だった、リーグ戦得点王のディエゴ オリヴェイラが先発から出場した。

試合は立ち上がりはFC東京が幅を使い両サイドバックのオーバーランを活かしてガンバ陣内に攻め込む。
ゴール前にたて続けてクロスを入れらるも、ここはDF陣が落ち着いた対応でクリアしていく。

一方守備の出足が早いガンバは、相手陣内でボールロストしてもすぐさま奪い返し、2次攻撃する場面が目立ち、立ち上がりのペースはガンバに傾いた印象。

そんな中8分、9分にペナルティアーク付近でFKを得るが、どちらも壁に跳ね返されここは好機を活かせず先制とはならなかった。

その後両者一進一退の攻防が続いていた21分。中盤からDFライン背後を狙ったボールにFC東京・ディエゴ オリヴェイラが、抜け出し菅沼との1対1になるも、ボールをクリアし切れずゴールを決められ先制を許す。
これで2戦合計1-1。このまま90分終われば延長戦へ突入する展開に。

先制されてから少しテンポが悪くなったガンバは、36分には数的不利の中、立て続けに2本ロングカウンターを受けるが、DF陣が身体を張った守備を見せて難を逃れる。

ガンバは40分を過ぎるとゲームはゆったりとしたペースになる中、ガンバは中盤のそこで遠藤を中心にボールを回しながら攻撃を組み立てて行くものの、ゴールを割ることはできず0-1で試合を折り返す。

両チーム交代なく始まった後半は、50分にはカウンターからパトリックが右サイドを一気に駆け上がり、中央の髙江に折り返し決定機を迎えるが、ボールは合わずシュートを打てない。

依然として1点奪えば再び優位な立場に立てるガンバは58分に、髙江に代えて宇佐美を投入。

しかしその後68分。中盤からDFライン背後を狙ったボールをクリアできず、FC東京・田川に抜け出されGKとの1対1も沈められ失点。これで2戦合計で1-2となり逆転を許す。

ベスト4進出に暗雲が立ち込めてきたガンバは、さらに交代カードを切り、72分には倉田に代えてアデミウソンを投入。

その後ガンバは、1点奪えば2戦合計は2-2となりアウェイゴールの差でガンバの勝ち上がりとなる中、パトリックにボールを集めるパワープレイにシフト。
71分、74分とともに右サイドからクロスボールを上げ、パトリックがゴール前で頭で合わせるがゴールは奪えない。
しかし迎えた76分。右サイドに流れた宇佐美がボールを受け、ゴール前にクロスを上げると、そのボールにパトリックが頭で合わせゴール!
値千金のゴールで1点差に詰め寄り、2戦合計では2-2。アウェイゴールの差で再びガンバが1歩リードする。

80分に3枚目の交代カードを切り、菅沼に代えて青山を投入。
85分を過ぎると攻勢強めるFC東京に押し込まれ自陣でのプレーが続くが、アディショナルタイムの5分も最後まで守り切り1-2で試合終了。これで2戦合計では2-2。アウェイゴールの差で2年ぶりのベスト4進出を決めた。