ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.7.31[チーム]

Powered by GAMBAplus

2020.8.1(土) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第8節 ●0-1 川崎F@パナスタ
[プレビュー]J1第8節 大一番で試される進化と真価。川崎相手にガンバの全てをぶつけてみせる

一つ後のニュース

宮本監督の就任後、ガンバが初めて本来あるべき立ち位置でビッグマッチに挑む。
前節、神戸に勝ちきり今季初の4連勝。暫定ではあるが2位に浮上したガンバが首位の川崎をパナソニックスタジアム吹田に迎え撃つ。
「シーズン序盤だけど、天王山というか上位対決をするのはガンバとして久しぶり。今はワクワクしている」と今季最初の大一番に胸を膨らませる宇佐美の言葉は選手とサポーターの誰もが共通する思いである。

過去2シーズン、不本意な戦いに身を投じてきたガンバだが、宮本体制下での3年目は確かな進化を見せてきた。
「チームとしてやりたいサッカーの完成度が徐々に上がってきている」と話すのは2試合連続での完封勝利に貢献している三浦である。
再開後の戦いでは苦戦を強いられたガンバだが、今季目指すのは攻守両面でアグレッシブなスタイルを貫くこと。夏場の連戦だけに、広島戦と神戸戦では守勢に回る時間もあったが、「体を投げ出してボールを当てたり、最後のところで東口を中心に守ったりする粘り強さがここ数試合見られる」(宮本監督)。勝ち点3への執念が、4連勝の原動力になってきた。

かつて夏場に強かったガンバの本領を徐々に発揮し始めている今、宮本ガンバの真価が問われるのが川崎戦となる。
現在、川崎はクラブタイ記録となる6連勝中で首位を走るが、総得点は現在リーグ1位の20得点。直近の5試合では全て3得点以上を叩き出しており、攻撃陣は好調だ。
とりわけ気をつけたいのが、かつてガンバでもプレーした家長だ。一昨年のJリーグMVPは抜群のキープ力だけでなく、得点数も小林に次ぐ3得点。「経験を重ねてより効果的、決定的な仕事をする選手になってきた」と宮本監督もそのプレーを警戒する。
難敵川崎ではあるが、宮本監督の就任後、2勝1分けで川崎に対しては負け知らず。勝利した2試合はいずれも無失点で「守り勝った」ガンバだが、今のチーム状態は当時と違っている。
勝ちながら自信を深め、エースの宇佐美も神戸戦ではスーパーゴールをゲット。そして川崎戦ではひときわ輝きを見せる頼もしい守護神、東口が控える今のガンバは真っ向勝負で首位相手に挑むつもりだ。
「内容にもしっかりとこだわりながら、我々が川崎という強い相手にどれだけのものが出せるのか見せたい」と力強く宮本監督は言い切った。
梅雨が明けたパナソニックスタジアムでガンバが目指すのは川崎撃破。5点差以上で勝利すればシーズン序盤とはいえ首位に浮上する大一番だが、ガンバが今季の主役になる力を示す時が来た。