ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.8.8[チーム]

Powered by GAMBAplus

2019.8.10(土) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第22節 △1-1 広島@パナスタ
[プレビュー]倉田・東口が語るJ1第22節 vs 広島 ― 夏場の反攻へ。難敵広島に相手に問われるガンバの真価

一つ後のニュース

内容は決して悪くないだけに2試合連続のドローが悔やまれるガンバ。「決定機は作れている」と倉田は宇佐美が加わった攻撃面での手応えを口にする一方で、誰もが認識するのが夏場の試合運びの難しさだ。

前節の神戸戦は3点目を奪いきれず、痛恨のドローに持ち込まれたガンバだが、広島相手に選手たちは気持ちを切り替えている。広島からの期限付き移籍加入となるパトリックは今節ピッチに立てないが、好調の倉田やガンバ復帰後初のホームゲームとなる宇佐美らを軸に広島の手堅い守りを打ち破るだけだ。
「前線の選手は誰が出ても結果を出す力はある」と話すのはアデミウソン。名古屋戦以降、明らかに崩しの質は上がっているだけに攻撃陣の奮起に期待がかかる。
ただ、現在5位の広島は侮れない相手である。直近のリーグ戦7試合は負けがなく4勝3分け。前々節は川崎に3対2で打ち勝つなど調子を上げている。鍵となるのは広島の柏とハイネルの両サイドを封じることだ。

「先に点を取られると広島相手には難しくなる」(東口)。必要なのは90分を通じたゲームマネージメントだが、攻守両面でクレバーに試合を運びたい。
「今の広島に勝てば、弾みがつく。僕らにとって大事な試合」(三浦)。夏場の本格反攻に向けて、ガンバの真価を見せつけたい。

MF10 倉田秋「神戸戦は勝ち切らないといけない試合でしたし、ちょっと勿体無い試合がここ2試合続いています。広島も簡単に勝てる相手でないのはわかっていますが、今チームでやれていることを攻守両面で90分しっかりと続ける必要がありますね。僕自身は神戸戦でも点を取りましたが、インサイドハーフで起用されても宮本監督からは点に絡むことを求められています。毎試合、点に絡む動きを出していきたいです。広島には先制点を取られると難しい展開になりますが、慌てることなく自分たちのペースで試合を運ぶつもりです。」

GK1 東口順昭「神戸戦ではリードしてからの戦い方が課題となる展開でした。90分の試合の進め方についてはもっと改善する必要がありますね。僕自身のパフォーマンスは悪くない中で、結果的に2失点したのでより悔しさはありますが、守備陣が安定しないとチームも勢いに乗れません。広島戦ではしっかりとした守備を見せるつもりです。広島は調子が上がっていますし、守備が堅いチームなのでやはり先制点を取られると難しい試合になってしまいます。集中力を高く持ちながら、しっかりと守りたいですね。ホームで勝てば勢いもつく、そういう意味でも大事な広島戦です。」