ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.7.17[チーム]

Powered by GAMBAplus

2020.7.18(土) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第5節 ○2-1 大分@パナスタ
[プレビュー]J1第5節 サポーターに捧げたいホーム初勝利。大分を叩いて、今季初の連勝へ

一つ後のニュース

新型コロナウィルスの感染症対策による中断以降、トップの試合では初めてパナソニックスタジアム吹田にサポーターの熱気が立ち込める。
前節の清水戦は終盤、同点に追いつかれる苦しい展開ながらも、終了間際に渡邉が劇的な決勝ゴールを叩き込み、ガンバが再開後のリーグ戦で初の勝利を掴み取った。
「この連戦の中で勝ちは選手に、そしてチームに自信をもたらしてくれる。大分戦でも勝利にこだわりたい」と宮本監督は言い切った。
今季初の連勝を賭けた大分戦はガンバにとって、上位戦線に殴り込みをかける上でも重要な一戦だ。
現在の立ち位置こそ8位(タイ)だが、首位を走る川崎との勝ち点はわずかに3。大分相手に連勝を飾れば、開幕前から目指して来た好スタートが現実のものとなる。

ただ、大分もガンバと同じ勝ち点7。再開後のリーグ戦3試合を2勝1分けで乗り切っており、チームは明らかに上昇気流に乗りつつある。ガンバでヘッドコーチも務めた片野坂監督が作り上げた独特のスタイルは健在で、昨季の対戦は1分け1敗。一筋縄で行く相手でないことは指揮官も選手も承知済みだ。
「試合展開を感じながらマネージメントして欲しい」(宮本監督)。大分戦で問われるのは、メリハリの効いた戦い方である。
GKの高木を含め、最後尾から独特のビルドアップを用いている大分に対して、本来ガンバが目指すのはハイプレス。ただ、夏場の戦いだけに「開幕戦のようにずっとボールを取りに行ける状態ではない」と宮本監督は言う。
「大分はしっかりと後ろからビルドアップしてくるのでそこを狙えれば得点にもつながる」(藤春)。試合の中でしたたかにショートカウンターは狙いつつも、やはりガンバの生命線でもあるボール保持でいかに精度を高められるかが鍵になりそうだ。

ビルドアップあり、カウンターありと多彩な攻撃を仕掛けてくる大分に対して不可欠になるのは臨機応変だ。「経験という意味ではガンバの選手の方が上回っている。そこでは負けたくない」と言い切る藤春の言葉を攻守両面で体現したい。
前線で起点となる新加入の知念やサイドだけでなくシャドーでも起用され得点源にもなっている元ガンバの田中など警戒すべきアタッカーを擁する大分だけに押し込んでいる時間帯のリスクマネージメントは不可欠。三浦や東口ら守備陣の踏ん張りも勝ち点3に向けてのポイントだ。
内容はもちろんだが大分戦で見せたいのはガンバの勝利。「サポーターが来てくれる中でいい内容を見せて勝利に結びつけたいと強く思っている」と指揮官が言えば、頼れるベテラン渡邉も「今季はまだホームで勝てていない。サポーターも勝ちを望んでいると思うので頑張りたい」と言い切った。
サポーターが集うホームで勝ち切るガンバを見せるだけだ。