ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.10.23[チーム]

Powered by GAMBAplus

2020.10.24(土) 16:00~ 明治安田生命J1リーグ 第24節 ○2-1 柏@パナスタ
[プレビュー]J1第24節 柏相手に目指す「3度目の正直」。2度敗れた借りをホームで返すのみ

一つ後のニュース

7連勝を逃した直後に挑んだアウェイの大分戦は、ガンバの地力を証明する一戦だった。
5連戦目の最後ということもあり大分に苦戦を強いられながらも、東口を中心とする守備陣が奮闘し、セットプレーからパトリックの決勝ゴールで手堅く勝ち切った。
「ああいう難しい試合をチームとして勝てるようになったのは大きい。最近は多少不利な試合でも勝てるようになったのはチームの強み」と福田が話したが直近の8試合は7勝1分け。そんなガンバの強さを支えるのはチーム全体で体現する堅い守りにある。
8試合中、無失点で勝ち切ったのは4試合で、複数失点はゼロ。わずか4失点しか許していない守備陣がチームにリズムをもたらしているのは間違いない。
選手起用に冴えを見せている宮本監督も言う。「堅い守りがあると色々と、試合中のアクションも起こしやすい」。

1試合少ない暫定順位ながら2位との勝ち点差はわずかに3。上位戦線に食い込み始めたガンバだが、目の前の相手だけに集中するスタンスは柏戦でも変わらない。
ただ、柏とは今季ルヴァンカップとアウェイのリーグ戦で2戦2敗。いずれも完封負けを喫している。
「2回連続で負けているので今度は勝ちに持っていけるようにしたい」と宮本監督もリベンジを誓う。
「3度目の正直」を目指すガンバだが、柏戦でまず問われるのは守備の安定の継続である。
現在、暫定で8位の柏だが得点数はリーグ3位タイ。そしてルヴァンカップでも決勝進出を決めており、やはり勝負強さを持っている相手である。
ここまで22得点でJ1リーグ得点ランクのトップを独走するオルンガには2試合連続で決勝ゴールを許しているだけに、ガンバが封じるべき選手であるのは間違いないが、アウェイで2得点を許した江坂も戦術的なキーマンだ。
「江坂選手だけでなく他にも強力な外国人選手がいる。チーム全体でどう守るか確認した」と話すのは小野瀬。柏の前線の個を局地戦で封じることは不可欠だ。

ただ、柏に勝ち切る上で欠かせないのはガンバのゴール。堅守をベースにしながらも、7勝1分けの戦績を支えているのは前線のアタッカー陣である。「今の好調の要因はFW陣の4人がどのペアで、試合に出場してもチームのためにきっちり仕事を徹底してできていること」と振り返るのは前節のヒーロー、パトリック。
8試合全てでFW陣4人のいずれかがゴールを決めているが、柏戦でもその勝負強さを見せつけたい。
「粘り強い守備と、得点を奪い切ることで相手を上回る試合運びをしたい」(宮本監督)。
ゴール前の攻防の精度が、そのまま勝敗に直結する痺れる試合になるはずだ。