ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.11.20[チーム]

2021明治安田生命J1 第36節 ●1-3 名古屋@パナスタ

一つ後のニュース

前節、パトリックのハットトリックの活躍でアウェイで大分を振り切り3連勝でJ1残留を決めたガンバ。しかし、ガンバにとっては来季を見据えた重要な今季の残り3戦。とりわけ今季のルヴァンカップ王者の名古屋をホーム・パナスタに迎える一戦で、来季を見据えた戦いぶりを示したい。「チームとしては残留が決まりましたが、しっかりホームでは勝たなければならない。ホームでなかなか勝てないシーズンだったので、サポーターの皆さんに勝利を届けられるように必死にやりたい」と3試合連続でアシスト中の山本も気合いを込める。3連勝中のガンバ・松波監督はこの試合、前節からスタメンを2名変更し、小野瀬が9月の鹿島戦、三浦が8月の横浜FC戦以来となる先発出場を果たした。名古屋にとってもACL出場権を得るために負けられないこの試合。両者の意地がぶつかり合う試合は14:02にキックオフを迎えた。

試合は4分、名古屋・吉田が左サイドからクロスを送ると、一度はクリアするもボールを拾った稲垣がペナルティエリア手前からシュートを放つ。鋭いシュートがゴールに向かうが、これは東口がセーブ。8分、相馬が左サイドの敵陣浅い位置から柿谷とワンツーでガンバDFラインの背後に抜け出すと、スピードを活かしてドリブルで一気に持ち上がる。ペナルティエリア内に進入を許すと、最後はシュヴィルツォクに左足で流し込まれ名古屋が先制。立ち上がり早々に名古屋に先制点を許す厳しい展開となってしまう。一方のガンバは13分、ペナルティアーク内で相手DFのハンドを誘うと、FKのチャンスを得る。宇佐美が浮き球で壁上を狙うが、木本のクリアに遭いゴールとはならず。22分、山本の縦パスをカットされると、そこから名古屋がショートカウンターへ。前田が右サイドをドリブルで運び、左足で横パスを出すと、ファーストタッチで抜け出した柿谷に角度の無いところから鋭いシュートをたたき込まれて名古屋に追加点が生まれる。0-2と名古屋が2点をリードする展開に。名古屋の勢いを止められないでいると29分、左サイドの吉田からダイレクトで前方にパスが入ると、これに抜け出した相馬が縦にドリブルを開始。三浦を振り切るとペナルティエリア左からマイナス方向にパス。このパスに反応したシュヴィルツォクに今度は右足でサイドネットに流し込まれ、名古屋が3点目。前半のうちに名古屋にリードを3点に広げられ、試合はハーフタイムへ。

3点のビハインドを負うガンバはハーフタイムに髙尾と山本を下げ、柳澤と奥野を投入。松波監督は「まずは1点返そう。こじあけて流れを変えよう」と檄を飛ばし、選手を後半のピッチに送り出す。すると53分、奥野が高い位置でボールを奪って速攻を仕掛ける。奥野から宇佐美へパスが繋がると、宇佐美の中央への折り返しは稲垣の足に当たるもボールはゴール方向に向かう。名古屋GK・ランゲラックがクリアを試みるも、これに詰めていたパトリックが押し込んで1点を返す。松波監督のハーフタイムの指示通り、後半の立ち上がりに1点を返すことに成功したガンバ。勝負所と見た松波監督は直後の59分に小野瀬と倉田を下げ、福田と山見を投入し、一気にこの試合の流れを掴み返しにいく。66分、井手口が鋭いクロスを送ると、ゴール前で合わせたのはパトリック。ピンポイントクロスに頭で合わせるが、ヘディングシュートはランゲラックの正面を突き、惜しくもゴールとはならない。攻勢をかけるガンバは70分、宇佐美のパスを受けた山見が強引にドリブルで仕掛ける。木本を交わし、ペナルティエリア手前の中央から右足でグラウンダーのシュートを放つ。しかし、このシュートはミートできず枠の左へ。続く72分には宇佐美の浮き球のスルーパスに抜け出した柳澤が右サイドから折り返すと、中央で待ち受けた山見がシュートを放つ。これはランゲラックに防がれるも、混戦の中から最後はパトリックが押し込んで再びネットを揺らすが、しかし、これは副審の旗が上がり、オフサイドの判定。後半に入って盛り返すガンバは76分にも藤春のパスを受けた福田がペナルティエリア左からカットインしてシュート。狙いすましたシュートがゴール方向へ向かうが、惜しくも枠の上へ外れてしまう。後半、劣勢が続く名古屋は77分に木本を下げ長澤を投入すると、一方のガンバは早々に最後のカードを使い切り、井手口に代えウェリントン シウバを投入。さらなる猛攻に出るも、名古屋・フィッカデンティ監督は82分に森下、89分に山﨑を投入して逃げ切り態勢へ。アディショナルタイムの5分間も得点を目指し攻勢をかけるも、堅守を誇る名古屋のゴールをこれ以上こじ開けることはできず、1-3で試合終了。今季初の4連勝を目指すガンバだったが、前半に喫した3失点が重くのしかかり、後半反撃に出るも得点はパトリックの1点止まり。ホームで勝点を積み上げることはできなかった。