ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.5.30[チーム]

2021明治安田生命J1 第17節 ○2-0 横浜FC@パナスタ

一つ後のニュース

前節、今季初の複数得点で8試合ぶりの勝利を挙げたガンバ。巻き返しに向けてスタートを切ったものの、「自分たちの置かれている立場や順位を考えた時に次の1試合はとても大事(矢島)」と、勝点を積み順位を上げるため今節の横浜FC戦では連勝だけが求められる。前節の徳島戦から中2日で戦う今節。松波監督は「誰が出ても戦えるメンバーが揃っている。選手を信じてメンバーを選んだ」と大きくメンバーを入れ替える大胆な采配を見せる。徳島戦から実に6人の選手を入れ替え、今季途中加入のウェリントン シウバを初の先発起用へ。3バックの一角には菅沼、右WBには髙尾、さらにMFチュ セジョン、奥野、FWレアンドロ ペレイラらが先発に名を連ね、総力戦でこの重要な一戦に臨む。キャプテンマークはベンチスタートとなった三浦の代わりに昌子が左腕に巻き、今月5試合目となるホーム・パナスタでのリモートマッチ(無観客試合)がキックオフを迎えた。

試合は4分、CKを得ると、チュセジョンのインスイングのキックにファーサイドのレアンドロ ペレイラが頭で合わせる。しかし、シュートは惜しくも枠に飛ばせない。6分、左サイド塚元からペナルティエリア内に侵入した矢島にパスが出るが、これはわずかに合わず相手GKのセーブに遭う。立ち上がりからガンバが勢い良く試合に入るも、その後は徐々に横浜FCがボールを握る展開に。23分、瀬古がペナルティエリア手前から右足でミドルシュートを放ってくるが、これは東口がセーブ。27分、クレーベからパスを受けた松浦がカットインからシュートを放つが、菅沼がブロック。対するガンバも32分、レアンドロ ペレイラの落としたボールをチュ セジョンが強烈なミドルで狙う。コースを狙ったシュートだったが惜しくも枠外へ。33分、横浜FCがゴールキックから一気に攻め込むと、マギーニョにカットインからシュートを許すが、東口が横っ飛びでセーブ。36分、ガンバのFKの場面、チュ セジョンのFKにウェリントン シウバがバックヘッドで合わせる。シュートは際どいコースに飛ぶが、これはわずかに枠の右へ。ともに一進一退の攻防を見せる前半だったが、終了間際にガンバにチャンス。39分、キム ヨングォンがDFラインの背後へ落ちる浮き球のパスを送ると、抜け出した塚元を横浜FC・前嶋が倒しPKを獲得。VARのチェックの結果、PKが認められると、ボールをセットしたのはレアンドロ ペレイラ。キッカー・レアンドロ ペレイラの鋭いキックがゴール左下に決まりガンバが先制。待ちに待ったレアンドロ ペレイラの移籍後初ゴールでガンバが1-0リードを奪って試合はハーフタイムへ。

ハーフタイムに入ると松波監督は「攻撃はシンプルにどんどんシュートを狙っていこう」と前半の1得点に満足することなく追加点を狙いにいく。対する横浜FC・早川監督はハーフタイムに松浦を下げ、ジャーメイン良を投入し同点ゴールを狙いに来る。後半、1点を追う横浜FCは前線からのプレスを強化し、積極的な守備を展開するが、相手のハイプレスを掻い潜ったガンバがチャンスメイク。55分、中盤でチュ セジョンからのパスを受けた矢島がセンターサークル内から絶妙のタイミングでスルーパスを出すと、これが相手DFラインの裏のスペースに抜け出したレアンドロ ペレイラの足元へ。GKとの1対1を冷静に制してシュートを流し込むとレアンドロ ペレイラにこの日2得点目が生まれ、横浜FCを一気に突き放す。59分、2点を追う横浜FCはマギーニョとクレーベを下げ、小川と元ガンバ渡邉を投入。攻撃的なカードを切り、得点を狙いに来る早川監督。一方ガンバも63分、矢島を下げ倉田を投入。ここから両チーム積極的に交代カードを切り合い、試合は終盤の攻防へ。70分、横浜FCは瀬古を下げ袴田を、73分にはガンバもウェリントン シウバとレアンドロ ペレイラに代え、一美と宇佐美を投入。76分、横浜FC・高橋のスルーパスから小川、前嶋に立て続けにシュートを放たれるが、キム ヨングォンの身体を張ったプレーでこのピンチを凌ぐ。2試合連続のスタメン出場となるキム ヨングォンの活躍で横浜FC攻撃陣をシャットアウトするガンバ。78分に続けて交代カードを切ると、髙尾に代わり小野瀬が出場しゲームを締めにいく松波監督。しかし79分、横浜FCにCKを与えると、CKのこぼれ球から中塩にミドルシュートを許す。強烈なシュートがポストを叩くと、さらに弾かれたボールに小川が詰めるが、ジャストミートすることはできず決定的なピンチを逃れる。85分、手塚を下げ古宿を投入し、最後までゴールを狙う横浜FCに対して、ガンバも追加点を狙う。後半アディショナルタイムには、カウンターから奥野が抜け出しGKと1対1のチャンスを迎えるが、横浜FC・GK南のファインセーブで追加点とはならず。しかし、最後まで集中を切らさず守り切ったガンバが2-0とクリーンシートで完勝。横浜FCにボールを握られる時間も長かったが、堅守からカウンターという形で効率よく2得点を奪い、今季初の連勝を飾った。