ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.6.1[チーム]

2021.6.2(水) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第19節 △0-0 湘南@レモンS
[プレビュー]目指すのは3連勝。代表組不在の湘南戦でガンバが総力戦に挑む

一つ後のニュース

松波監督が「勝負の3連戦」と位置付けた過密日程でガンバは今季初の連勝を手にした。「複数得点がとれた中での勝利なので、全体的にはポジティブな方向にチームも向いたと思う」と指揮官が手応えを口にするように、2試合連続でFW陣が結果を出しているガンバ。この試合を最後に天皇杯とACLの戦いにステージを変えるが、湘南戦で目指すのは当然ながら、勝点3のみだ。
「ボールを握られるとストレスはあるが、ただ点は取られていないし、最後のところをしっかりと締めればいい。今は前に出ていく力もある」と髙尾が話すように、3バックを採用した徳島戦後、攻守の歯車は徐々に噛み合っている。ヨングォンが獅子奮迅の活躍でハイパフォーマンスを披露し、悔しさを噛み締め続けていたFW陣も2試合で計4得点。とりわけ横浜FC戦で移籍後初ゴールを決めたレアンドロ ペレイラが本来の力を見せ始めたのはガンバにとっての朗報だ。

3連勝を目指す湘南戦は、ガンバの総力が試される一戦だ。FIFAワールドカップカタール2022 アジア2次予選に向けて昌子とヨングォンがチームを離れ、安定していた最終ラインの再構築を余儀なくされる次節だが、三浦とともに最後尾を引き締める菅沼は「今自分にチャンスが来ているので、結果を出したい」と気合十分だ。
現在14位の湘南は直近の4試合で2分け2敗と勝利から遠ざかっているものの、決して試合内容は悪くない。前々節は川崎に対して82分までリードを保つなど、互角に近い戦いを見せているが、やはり最大の武器は「湘南は全員がしっかりと走って戦ってくる」と髙尾も警戒感を抱くハードワークである。

ガンバ同様、中2日となる湘南だが、球際の戦いや運動量で出遅れることは禁物だ。パトリックの強さはDFラインに高さを欠く湘南に対して武器になるが、単調な攻撃ではなく、ここ2試合見せ始めている複数の選手が連動した攻撃で崩しきりたい。
一方、湘南もホームで勝点3を取りに来るはずだ。「FWにもはっきりとした特徴を持っている選手がいるので、相手の外国籍選手に対して僕ら守備陣がどれだけ球際にしっかりと行けるかが大事になる」(菅沼)。最前線のブラジル人FWウェリントンやチーム最多の3得点を決めている山田は一瞬の隙を突く力を持っているだけに、やはりガンバとしてはチーム全体でケアしたい。
「湘南はハードワークするし粘り強いのでそう簡単に勝てるとは思えないが、相手以上にハードワークして勝点3を取りに行きたい」(松波監督)。勝てば一気に降格圏を抜け出す可能性もある重要な一戦を、総力戦で勝ち切って見せる。