ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.5.29[チーム]

2021.5.30(日) 17:00~ 明治安田生命J1リーグ 第17節 ○2-0 横浜FC@パナスタ
[プレビュー]ガンバが視界に入れるのはホーム連勝のみ。横浜FCに勝ちきり、さらなる勢いを

一つ後のニュース

勝利の難しさ、そして勝利の喜びをガンバが噛み締めた前節の徳島戦だった。ヨングォンが今季初先発を飾ったピッチで松波監督が採用したのは今季初の3バック。ビルドアップに長ける韓国代表CBの戦線復帰で攻守両面に成長の跡を見せたガンバは、一時は徳島に追いつかれたものの、エース宇佐美の今季2点目で勝点3を掴み取った。
リモートマッチながら、試合後ゴール裏に向かって恒例のガンバクラップを行なった選手たちだが、画面越しに後押ししてくれるサポーターへの思いを勝点3という形に結実させた。「単なる1勝だけど、この1勝が自分たちに必要なものだった」と宇佐美が口にした勝点3は、巻き返しに向けてのスタートに過ぎない。
就任初勝利を手にした指揮官もキッパリ言う。「安堵感というよりは、もう次に切り替わっている」。

今季初の連勝を目指すガンバだが横浜FC戦で必要になるのは前節の継続だ。「徳島戦ではいい得点が取れたのでそこの精度を上げることと、最後粘り強く守れたのは評価できる。そこは継続しないといけない」(松波監督)。シュート数は5本にとどまったが、サイドの崩し方やボールの動かし方には明らかに成長の跡が見られるだけに、さらに決定機の数を増やせば、自ずと得点の数も増えるはずだ。
前節、横浜FCは3-4-3の布陣で福岡相手に好ゲームを見せたが、ガンバとはシステム上ガッチリ噛み合う形になる可能性も十分。ミラーゲームとなれば「選手個々では相手より上回っていると思う。まず目の前に相手に負けないことを意識したい」(塚元)。日程的にはガンバよりも横浜FCが有利なだけに、運動量や球際で遅れをとることは禁物となる。

Jリーグに簡単な試合がないことは言うまでもないが、横浜FCも侮れない相手である。最下位に沈んではいるものの、早川監督に交代後は徐々に状態が上向きつつある。開幕直後こそ6連敗を喫したものの、直近の4試合は1勝2分け1分けで狙いとするスタイルは徐々に体現中である。
過去の戦績は3勝3分けと横浜FCに対しては負け知らずのガンバだが、昨季の2勝はいずれも接戦。まずは横浜FCのビルドアップを封じることが不可欠だ。そしてブラジル代表歴もある1トップのクレーベは2試合連続ゴール中だけに、ガンバが誇る鉄壁の3バックで封じたい。もちろん、昨季までガンバで活躍した渡邉も、ピッチに立てば警戒したい存在である。
「1勝したのは大きいけど、自分たちが置かれている順位と立場を考えると次の1試合はとても大事」(矢島)。歓喜のガンバクラップをサポーターに示し、ガンバが本格反攻への狼煙を上げる横浜FC戦となる。