ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.11.7[チーム]

2021明治安田生命J1 第35節 ○3-2 大分@昭和電ド

一つ後のニュース

前節、敵地で横浜FMを下しリーグ戦2連勝。鋭い攻撃を繰り出す横浜FMに対して粘り強い守備で凌ぐと、少ないチャンスをモノにして勝ち切ったガンバ。この勝利で勝点を40に乗せJ1残留に大きく近づいたが、自力で残留を確定させるためにはあと勝点1が必要。今節の大分は同じく残留を争う相手だけに、難しい試合になるが勝利でJ1残留を確定させるための試合となる。前節から中3日で戦うこの試合だが、ガンバのスタメン変更は1人のみ。右SBに柳澤に変わり髙尾が入るが、それ以外は横浜FM戦と同じメンバーをチョイス。一方サブには昌子、チュ セジョン、山見らが久々に入り、「大分のハードワークに対して総力戦で戦いたい。」と 松波監督が話すように、交代カードも含めてまさに総力戦でJ1残留を決めにいく。

大分ボールでキックオフを迎えた試合は5分、その大分・渡邉が中盤での競り合いからぼれたボールを拾うとドリブルを開始。そのまま運びペナルティエリア手前の中央からミドルシュートを狙うが、このシュートは枠を捉えずゴールの左へ逸れる。立ち上がりから中盤の攻防で優位に立つ大分は11分、香川のスルーパスに反応して左サイドを抜け出した町田が左足でゴール前にボールを送るも、これは東口が対応。23分、反撃に出たいガンバは左サイドを起点に攻め込むと、細かいパス交換から最後は宇佐美が相手DFを剥がしてミドルシュート。パンチ力のあるシュートがゴール方向へ向かうが、惜しくもクロスバーの上。飲水タイムを挟んで28分、大分は下田からパスを受けた香川が中にカットインして右足でゴール前へクロスを入れてくる。すると、ゴール前で渡邉と競り合った藤春の頭に当たったボールがそのままゴールに吸い込まれてしまい失点。オウンゴールで大分に先制点を許してしまうが、そのわずか1分後の29分。ガンバは福田が左サイドで粘ってキープすると、こぼれたボールが山本の足元へ。顔を上げた山本がゴール前でフリーになっていたパトリックにスルーパスを送ると、これをパトリックが冷静に沈め、あっと言う間に同点ゴールを奪う。パトリックの二桁得点にのせる今季10得点目ですぐさま試合を振り出しに戻す。39分、ガンバは自陣での繋ぎのミスから低い位置でボールを失うと大分・渡邉が中に切れ込み、後方の町田へとボールが渡る。町田が横にパスを送ると、走り込んで来た下田がペナルティエリア手前の左から左足で低い弾道のシュートを放つ。このボールに対してゴール前で呉屋が反応。胸でシュートの軌道を変えると、これがゴールネットを揺らし大分に勝ち越しゴールが生まれる。1-2と再び大分にリードを許すと、そのまま1点のビハインドで前半を終え、ハーフタイムへ。

1点を追いかけるガンバはハーフタイムで髙尾を下げ、昌子を投入。3バックにシステムを替え、ミラーゲームに持ち込む。一方の大分もハーフタイムに渡邉を下げ長沢を投入し、呉屋と長沢を2トップに据え後半スタート。50分、ガンバは右サイドを崩されると、香川がペナルティエリア内のタッチライン際で浮き球のクロスを入れてくるが、これは味方には合わずにファーサイドに流れて事なきを得る。後半も立ち上がりから大分が勢いを持って入るが、それを凌ぐと53分。山本が前線にロングフィードを送ると、これに福田が競り勝ち頭で折り返す。一度は相手DFにクリアされるも、クリアボールを拾ったのは倉田。体勢を崩しながらシュートを放つと、これに反応したパトリックがわずかにさわり、シュートがそのままゴールに吸い込まれる。パトリックの2得点目で後半開始早々にガンバが再び同点に追いつき、試合は2-2のタイスコアへ。降格圏脱出へ勝つしかない大分は60分、呉屋と小出を下げ伊佐と井上を、一方のガンバも65分、倉田に代え山見を投入し、両チームとも3点目を奪いにいく。68分、宇佐美がドリブルでペナルティエリア内に進入して右足でシュートを放つが、これは大分GK・高木が右足でセーブ。決定機だったが決めきることはできない。76分、ガンバは宇佐美に代え小野瀬を起用。この時間帯、セカンドボールを拾えるようになったガンバは78分にパトリック、80分に小野瀬が立て続けにシュートに持ち込み、攻勢に出ると82分。昌子のシュートブロックでピンチを凌ぐと、そこから一転カウンターへ。山見が右サイドをドリブルで持ち上がるとゴール前で二度の切り返しから左足でシュートを放つ。このシュートが利根のハンドを誘い、PK奪取。この山見の仕掛けで得たPKを蹴るのはパトリック。プレッシャーのかかるPKだったがパトリックが難なく沈め3-2と逆転に成功。パトリックのハットトリック達成となるゴールでこの試合、初めてガンバがリードを奪う!その後、大分は香川と刀根を下げ野村とペレイラを、ガンバも山本と福田を下げチュ セジョンと柳澤を投入すると、最終盤には大分がパワープレーで猛攻をかけて来るが、集中した守備でこれを跳ね返すガンバ。そしてアディショナルタイム5分間も凌ぎきるとそのまま3-2でタイムアップの笛を迎える。パトリックのハットトリックの活躍でリーグ戦終盤の勝負どころで3連勝を飾ったガンバがJ1残留を決めた。